コラム

お風呂の換気はいつすればいいのか

住まいの中で一番湿度が高く、カビの生えやすい場所、それはお風呂になるでしょう。お風呂場の掃除にはカビ掃除が付き物ですよね。カビが生えるということは湿度が抜けていないからですし、安全面や気密性からお風呂場は密閉されやすい空間になります。カビの人体への影響は呼吸器官への影響など様々ありますが、皆さんの中にもカビの恐ろしさをご存知の方は多いでしょうから、このコラムでは割愛させていただきます。さてこの住まいの中で最もカビの被害を受けやすいであろう、お風呂の換気について疑問がある方も多いのではないでしょうか。ずばり「どのタイミングで換気扇を付けて、どのタイミングで換気扇を消せばいいのか」、この問題は健康面や生活面で悩ましい問題かと思います。この換気扇を付けるタイミングの中で一番重要なのは、お風呂の水を抜いてから翌日のお風呂を入れるまでになります。湯船を張っている限り湿度は溜まりますので、新たな水蒸気が発生しない状況下においての風呂場の湿度をいかに早く下げるかが重要なポイントになります。翌日の洗濯に残り水を使用するエコな方も多いと思いますが、室外にバケツなどを利用して夜のうちに水抜きをする方がカビの発生率は下がります。お湯を抜いてからある程度の時間をかけて換気扇を回すことが、お風呂場を清潔に保つ秘訣になるでしょう。しかし換気扇を回している際に窓や扉を開けてはいけません。換気の効率が下がってかえって電気代がかかってしまいますので、お風呂を締め切ったまま、換気扇を回すようにしましょう。また換気の効率や電気代にも影響を与えることがあるので、換気扇の掃除も小まめにすることが重要です。換気扇のメンテナンスや換気扇の修理は異音がしたらすぐに換気扇の業者に見てもらう事が重要かと思います。当サイトでは換気扇の修理や掃除の業者を紹介しておりますので、換気扇に困った際にはぜひご相談ください。

0800-805-5894


通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-5894

24時間365日 日本全国受付対応

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

私たちが24時間365日サポートいたします

0800-805-5894

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。